認定NPO法人 Switch TOP > 事業内容 > 学生支援

学生支援

大学生

Switchでは、大学生(既卒者含)を対象とした様々なサポートを提供しております。

働く・学ぶことに対する様々なご相談をお受けしあなたをサポート

人は必ずなにかしらのストレングス(強み)を持っています。
それは自然なものであり、その人らしさでもあります。そこでわたしたちは、「自分の望む学び方や働き方」が獲得できるようサポートを行います。

就労支援(リカバリープログラム)

自分でセルフケアを学びながら就職活動に臨んでいきたい学生の方にはこちらのプログラム参加をおすすめします。

  • リカバリープログラム~ あなたらしさを発揮するためのプログラム
  • 大学生のためのWRAP(元気回復行動プラン)
  • セルフコントロールトレーニング(認知プログラム)
  • リラクゼーション・アートプログラム
  • 就活ワークショップ
  • フューチャーセンターワークショップ
photo

参加費用は、プログラムの内容によって異なります。
詳しくは、スタッフまでお問い合わせください。
なお、月ごとのプログラム内容と参加費用については、当法人ホームページでもご覧になることができます。

SWITCHの戦略的就活のススメ!
  • 個別就労支援で対応
  • 就活のためのメンタルトレーニングをはじめ、スタッフと相談のうえ、
    あなたに合ったコースを選択していきます。
  • 就職後のあなたをフォローアップ!
    働き始めたのはいいけれど、、、就職後のさまざまなメンタルの悩みへのご相談も実施

学生相談支援

メンタル的なサポートを含め、継続的な修学→就労支援を必要とする方には、こちらでの相談をおすすめします。

<就学(修学)・就労支援(メンタルヘルス)>
ひとりひとりに合わせた個別プランと個別支援体制

  • 大学への修学(就学)支援・休学中の方への復学支援
  • 退学後の進路でお悩みの方
  • 卒業後の就活に不安がありサポートを必要とされる方

相談料 無料(60分まで)
(精神保健福祉士・産業カウンセラー・キャリアコンサルタントが対応)
継続的な支援(復学のための同行支援、医療や学校との連携による支援)を希望の方は別途ご相談を承ります。

必ずスタッフと相談しながら、あなたに合ったコースを決めていきます。

スタッフ構成
専門のキャリアコンサルタントや精神保健福祉士が対応しております。
学生の方や修学支援には、スタッフほか学生ボランティアスタッフも対応しております。

中学生・高校生

みやぎこどものこころのデザイン教育(文部科学省委託事業)
中学生・高校生向けに「こころの健康」について学ぶ授業を実施しております。

学びを通じた被災地の地域コミュニティ再生支援事業

事業内容


Ⅰ.ストレスやうつの心理教育を目的とした授業実施
「こころを学ぼうワークショップ」の実施

宮城県内中学・高校における実施校数 10校
(中学校 2校 高校 2校)

I市:市福祉課・社会福祉協議会・地域団体との協働
S町:市生涯学習課・保護者との協働での実施

中学校2校では、行政・地域団体・保護者との協働での実施が効果的であったことから、次年度以降も継続的な実施につながった。
宮城県内中学・高校における実施校数

【アンケート結果】

■授業で学んだことは今後の生活に活かせそうだと思いますか?(A中学校) アンケート結果
■あなたは何かに困ったとき、悩んだとき、誰に相談しようと思いますか。
 次のうち、当てはまるものにチェックをしてください。(B高校)

アンケート結果
上記の質問に対し、「友人」と回答している生徒が最も多く、次いで「親・きょうだい」と回答していた。高校生の相談相手として友人という存在が大事な機能を果たすことが本結果からもうかがうことができる。
一方、「誰にも相談しない」と答えた生徒は全体で2割近くいた。なお、先の生徒の精神的健康度において群わけした健康群で「誰にも相談しない」と答えた生徒は16名(91名中:17%)、ハイリスクで「誰にも相談しない」と答えた生徒は11名(27名中:48%)であった。
このことから、精神的健康に問題を抱えている生徒ほど、自分の問題を他に相談しにくい傾向があることが考えられる。

サポーター養成研修

参加者72名 サポーター登録人数17名

地域の社会資源となりうる人々に学校連携の担い手となっていただきながら、授業を実施していく講師を目指していくことを目的とする。

・日本における学校メンタルヘルス教育の可能性
・各地の取り組みからパネルディスカッション
・これからの学校メンタルヘルスについて

サポーター養成研修

今後の取り組み

  • H26年度の2事例によって継続的な取り組みに発展したことから、学校連携のみに留まらず、地域との協働という枠組みを強化していく。
  • カリキュラム構成の幅を広げ、地域や学校のニーズに沿った授業スタイルを構築していく。
    (ストレスマネジメント・睡眠について・ネット依存について)
  • サポーター登録者のファシリテーターとして幅広い地域での実施を目指す。
  • アンケート調査に基づく、授業実施後のフォローアップ研修などの実施(より子ども側の意見や希望を取り入れた授業形態等)
今後の取り組み
ご希望の中学校・高校へ委員会で構成された専門スタッフが出張授業を行っております。
詳しい内容については、法人スタッフまでご連絡ください。

多様性を認め合う社会
こころの健康についてみんなで話し合おう
小・中学生職場体験活動~共に子どもを育てる~
仙台自分づくり教育受け入れ協力事業所
小・中学生職場体験活動
photo

仙台市における仙台自分づくり教育応援団

Switchでは、子どもたちの職業体験を通じ働くことの尊さを学ぶ場の提供をしております。
現場で働く人々のお話を聞いたり、働いている姿から、未来ある子どもたちへの「生きた体験」になればと考えております。

職場体験実習(3日間)をお考えの中学校の先生へ
いつでも対応し、受け入れいたしております。お気軽にご相談ください。

ご寄付のお願い
Switchサポーター
スタッフ紹介

Switch(スイッチ)Facebook


スイッチ・イシノマキ Facebook


仙台NOTE Facebook


石巻NOTE Facebook

スタッフブログ

pagetop